こだわりの印鑑をつくってみる

こだわりの印鑑イメージ

印鑑の中で便利なのが、シャチハタ印なのですが、これは大事な書類などでは使用できません。
使いすぎればかすれてしまうこともあるし、力の入れ加減で印の状態が変わるわけではないので、偽造されやすいからなんですよね。

それでも、簡単な事務処理などには欠かせないものとして、非常に役立っている場が多いのです。
わざわざ朱肉に、はんこをつけなくていいのが、何より楽チンですよね。
通常なら、朱肉につけたあとに紙の上に押しますから、二つの動作をしなければいけないわけです。

しかしシャチハタなら、ひとつの動作でいいわけですから、書類の数が多ければ多いほど、スピードが断然違います。
倍の速度以上で仕事もすすむはずです。

そんな便利なシャチハタですが、インクが切れたらどうなるのだろうと思う人も多いことでしょう。
押しすぎたら使い捨てしなければならないのかも…と考えてしまうところですが、これには補充用のインキがしっかりと市販されています。

最近では、ボールペンの芯部分だって売られているわけですから、長く使えるものは、何でも中身を入れかえたり、補充したりして大事に使っていけるわけですね。
特に使い慣れたものは、長く使いたいと思う人が多いはずです。
たとえそれほど高いものではなくても、大事に使うことで環境にもやさしくなりますから、なるべく使い捨てをしない考え方をしたいものですね。
そうなると、一生お世話になるような、こだわりの印鑑をつくってみるのもいいかもしれません。

印鑑証明書は原則として、本人が請求するべきものだそうです。
自分で、印鑑証明書をとったことがないのですが、ここのサイトによると印鑑証明書は市区町村の窓口で請求するだけで取得することができるようです。

ページの先頭へ