大事な印鑑で重視するところ

サインペンイメージ

便利な文房具として、ボールペンの頭の部分にシャチハタタイプの印鑑がついていたりするものがあります。
一本のペンで、書きながら印鑑も押せるのが魅力ですね。
考え方としては、頭部分に消しゴムがついたシャープペンシルなどと同じかと思います。

ひっくり返せば別の役割を持つのなら、いっそのこと、両面印鑑でもいいのではないかなと思います。
サインペンは、太いのと細いのが、両方についているものもありますよね。
これなら、中央にインキをいれておけばいいですから、頭だけについているよりはインキの量もたくさん入れられるはずです。
キャップをつけておけば、間違って手にはんこがついてしまうような失敗も防げますからね。

でも、問題なのは、シャチハタを一人で数種類も扱う人はあまりいないということです。
基本的に、自分の名前のシャチハタを使うのが普通ですから、実印や銀行印を含めれば、デザインもかなり変わってきますが、シャチハタだけということなら、使用用途も限定されてしまいますしね。

それだったら、シャチハタにこだわらなくてもいいので、実印と銀行印をつなげてしまうのもいいのでは? と思ったんですが、これらの印鑑はとても重要ですから、管理も厳重にしなくてはいけませんので、もしこの一本をなくしたり盗まれたりしたら、とても大変なことになってしまいそうです。

なんとなく便利かな、と思って考えてみたわけですが、よくよく考えるとデメリットが多すぎるので、商品化は難しいのかもしれません。
大事な印鑑は便利さを重視するより、多少不便でもしっかりとしていなければいけないのかもしれませんね。

オンラインはんこ専門店の印鑑.com
はんこカンパニーは、実印・銀行印の価格情報が満載。
低価格で質の良いはんこをおもとめなら、印鑑サイトドットコムへ!

ページの先頭へ